サナのお店

おいしさを求めていたら たどり着いたのは自然なものでした。

素材

Canaの考えるおいしさへのこだわり。それは素材選びへのこだわりでもあります。シフォンケーキもプリンもとてもシンプルなもの。だからこそ使う素材のひとつひとつを吟味して、丁寧に選びたいと考えました。召し上がる方の健康にも配慮すれば、おのずと体にやさしい素材を選ぶということも大切になってきます。出てきた答えは「自然なままの素材を選ぶ」ということ。目指すのは素材の持っているおいしさを充分に生かした、もっと自然でおいいしいシフォンケーキとプリン。Canaのおいしさを支えてくれているのは自然なままで育まれた素材たちでもあるのです。

  • あさぎり牛乳
  • 富士の名水たまご
  • オーガニックシュガー
  • 国産小麦粉

あさぎり牛乳

朝霧高原とあさぎり牛乳

あさぎり牛乳

静岡県富士宮市の北部、富士山の西麓に広がる朝霧高原。朝に霧が発生しやすいことからこのように呼ばれるようになったようです。雄大な富士山を間近に臨み、さわやかな空気と良質の水に恵まれた古くから酪農の盛んな草原地帯。そんな自然の豊かな朝霧高原で育った乳牛の生乳100%を使用したあさぎり牛乳は、近隣の契約農家さんから毎日届けられる良質で自然なままの味を求めた成分無調整牛乳です。なにも加えず、なにも引かない。朝霧高原の豊かな自然が育んだ牛乳の味をそのままお届けしたいという、あさぎり牛乳の愛情が込められています。味わいにコク、しかし飲み口はさわやかなあさぎり牛乳は、おいしいCanaを作るための必需品です。

大切なのは「土」をつくること。

朝霧高原の豊かな自然が育んだあさぎり牛乳。この味わいの秘密は土作りにありました。「おいしい生乳を摂るためには、牛が食べる牧草がおいしくないといけない。そのためには牧草も健康でなくちゃ。」健康な牧草作りのために契約農家さんが取り組んでいるのは「いい土を作る」こと。あさぎり牛乳の契約農家さんたちの考えるいい土作りとは何なのか。ここでもやっぱり「なにも加えず、なにも引かない」という考え方に出会いました。「牛が食べた牧草が糞となり、その糞を集めて土にします。糞の中の微生物が80℃近い熱をもって発酵させ、数ヶ月かけて養分をたっぷり含んだ土に戻してくれます。」自然のサイクル、自然の摂理。言葉にするのは簡単ですが、有機的な手法にその苦労とありがたみを感じながら元気にお話ししてくださいました。目指すのは「飲んだら涙の出る牛乳」。栄養のたっぷりつまった、飲んだらほっとする味を目指して土を作るとこからはじめています。

土
朝霧高原の牛
地元力を生かして、朝霧のおいしさを届けたい。

「放牧主体のやり方で牛のペースに合わせています」という契約農家さん。おいしい牛乳を出してもらうためにもっとも大切なことは、牛たちにストレスが無いように飼育することだと教わりました。「彼女たちはとってもデリケート。こっちがピリピリしているとそれが伝わってしまう。だから牛たちの前ではいつもにこにこしていられるように心掛けています」。そんな愛情たっぷりの契約農家さんから届く毎日搾りたての生乳を牧場にほど近い工場から新鮮なまま製品化することができるあさぎり牛乳。これは地元の力のなせる技です。また、85℃の温度で15秒間という独自の殺菌法でタンパク質の変性を少くし、朝霧高原の生乳本来の味を生かすことにこだわってきました。地域の生乳の質と味をよく知るあさぎり牛乳ならではの製法です。自然なままにこだわるあさぎり牛乳。夏季には牛が青草を多く食べるために乳脂肪分が低くなり、さらりとしたノド越しに、干草中心になる冬季には脂肪分が高くなりコクのある飲み味を感じることができます。言ってみれば季節の味わいを楽しむことのできる牛乳。Canaのシフォンやプリンにもそうした季節の風味が感じられるかもしれません。

WEBで朝霧乳業さんのこだわりがご覧になれます

富士の名水たまご

Canaのおいしさの決めるとっても大事な素材なので、鶏が何を食べているかということにも気をつかいたいと思いました。選んだのはこれ、その名も「富士の名水たまご」。地下325mからくみ出された富士山の天然水を飲んで育った鶏の卵です。この卵が、Canaのシフォンケーキをしっとりふっくらと膨らませ、プリンには豊かなコクを与えてくれます。

オーガニックシュガー

世界で最も高い生産量をほこる地域である南米。地理や気候、土壌など、実はサトウキビの栽培にとても適しており、除草剤の使用や焼き畑をせずに循環農法によって栽培されたサトウキビ作りがされています。100%有機栽培された原料からなる美しいあめ色がかったオーガニックシュガー。豊かなミネラルとまろやかな甘みが、Canaのやさしい味を演出してくれます。

国産小麦粉

北海道産の小麦粉「絹笛」を使用しています。その名の通り、絹のようにきめ細かな小麦粉。芳醇な香りときめ細やかで口当たりのよい食感が特徴の小麦粉です。Canaではこれをさらに細かくふるってシフォンケーキに使用します。空気とまぜてできるかぎりさらさらにした小麦粉を使用することでしっとりふわふわのシフォンケーキに仕上がります。安心でおいしい小麦粉本来の豊かな味わいをお楽しみいただけます。

ページトップへもどる

コーピーライト:クープル

blogへ